資格を取ろう!人に教える仕事

人に教えるって面白い!

先生というお仕事

保育系といっても、乳児期から学童までかかわることのできる年代は様々です。 昨日までできなかったことが、あっという間に今日できてしまう子どもの発育と発達のスパートぶりには、目を見張るものがあります。 子どもと一緒に生活を共にし、生活面から親である大人も支援していくお仕事にチャレンジしてみませんか?

学校の先生になろう!

教育系は、まず小学校教諭が代表的なものといえるでしょう。 学校の勉強だけではなく、お掃除や給食、部活指導など多方面から子どもの指導にかかわることができます。 同じ教育の現場においては、特別支援学校教諭免許があります。 障碍児教育に興味がある方は、ぜひお調べになってみるとよいかと思います。

習い事の先生になろう

最近のお子さんには、たくさんのお財布がありますので複数の習い事をしていることも珍しくありません。 例えば、幼児むけの英会話スクールも年々増えてきています。 お受験対策だけなく、バイリンガルにさせたいとインターナショナルスクールへお子さんを入学することを希望される親御さんは少なくありません。

子どもとかかわるお仕事

人に教えることで、自分もより学びが深まり知識が整理整頓されていくことを経験された方もいることでしょう。
学生時代から、レクチャー好きな人はいます。学生同士でも、一緒に教えあうことで自分の記憶や理解力が根付いていくということはありました。
私自身も勉強は、一人で集中して孤独にするものだと思っていましたが、試験前に一人でやっていると煮詰まってきたものでした。気分転換に、友人と問題を出し合って、その解説をする作業が意外と自分の思考がまとまるものだということに気づきました。
わかりやすく人に伝えるように話すということは、非常に難しいのですが、特に子どもの成長が垣間見えたときは喜びもひとしおです。
このサイトでは、保育系と、教育系と、学習系にわけて主にこども(とその親御さん)にむけての教える仕事についてまとめてみました。
少子化が叫ばれてかなり久しい世の中ですが、一人のお子さんにかける費用はダブルインカムの父母も増えていることから、ひと昔と違いかなり増えています。お受験対策として、一人の孫にむけて祖父母らも惜しみなくお金を援助してくれる世の中です。お稽古事や、学習塾など毎日予定が入っているお子さんも決して珍しくはありません。
習い事も知育系からスポーツ系などジャンルはさまざまです。
ピアノや水泳など、古典的によくいわれているお稽古事とは別に、近年ではゴルフや、学校の体育の授業対策や、運動会対策などちょっと毛色の変わったスポーツインストラクターも需要が高まっています。
最近の、色々な傾向についてもまとめてみました。

TOPへ戻る